扇面に小菊

せんめんにこぎく

あえて色数を少なくし、全体に統一感をもたらした琳派風の手描き友禅が美しい留袖です。友禅職人による刷毛や筆の加圧と絶妙な水加減で
模様のひとつひとつに色を挿しました。白上げのエ霞に優雅に舞う
扇文様にはそれぞれ異なった柄ゆきに友禅の繊細さを引き立てるよう
金彩加工で華やぎを添えました。
上品な色彩ではんなりとした京の風情が漂う仕上がりです。