貝桶に菊尽くし

かいおけにきくづくし

奥行きを感じる大胆な構図で熨斗と菊花、貝桶に文箱を描いた留袖
です。熨斗や貝桶の朱を際立たせる、控えめに用いた菊花は白上げで
ほんのり桜色のぼかし染めを施した清雅な印象です。金駒刺繍で
くくり、金彩加工を重ねづけした貝桶が上品さの中に華やぎを添え、
しっとり落ち着いた雰囲気の気品溢れる着姿です。