彩り束ね熨斗に小鶴

いろどりたばねのしにこつる

茜色の風情あるぼかしに、たおやかに流れる束ね熨斗をまとった白上げの洋花が咲き誇る優美な留袖です。油彩画を思わせる洋花は金駒刺繍で縁取りし、盛上技法で金彩をのせて、横ぶり刺繍と顔料で息を
吹込みました。青海波文様に色箔の重ね加工で深みを添えた古代紫が
効き色となる、艶やかな着姿です。