朧風月光琳鶴

おぼろふうげつこうりんづる

ほのかにかすんで見える月のような幽玄の世界を表現した染料の濃淡
ぼかしに白上げを施し、金銀濃淡のシルエットで舞う光琳鶴が典雅な
留袖です。富貴の象徴である牡丹は金刺繍で抑揚をつけ、菊花には
厚みを持たせた型に金・銀を使い分け効果的に縁取りを
つけることで立体感を演出しました。
小付けの柄で年代を問わずお召しいただけます。