牡丹花籠に流水翔鶴

ぼたんはなかごにりゅうすいしょうかく

茜色の裾ぼかしに幸せの願いを込めて舞う鶴、四季折々の花を華やかに盛り込んだ花籠を配した彩り鮮やかな留袖です。ぼかし友禅で表現し
金刺繍で縁取った百花の王と言われる牡丹は、花芯には蘇芳色で
ポイントを置き、花弁には白と桃色のミシン刺繍を重ねて華やぎを添えました。古典文様を現代的な彩りで表現した若々しい逸品です。