手刺繍 扇面宝尽くし

てししゅう せんめんたからづくし

人生の節目を演出するのになくてはならない小物の一つである扇を
モチーフにした、吉祥文様の宝尽くし文様が漆黒に際立つ留袖です。
金駒刺繍で縁取りされた2枚の扇には異なった柄付けに菅縫いで陰影をつけました。漆黒の無地場を生かし、色数を最小限に抑えて
大小バランスよく配置された図柄は粋で洗練された印象です。