手刺繍 浅黄 四季の響宴

てししゅう うすき しきのきょうえん

柔らかな縮緬(ちりめん)の風合いを大切にした、花嫁様を優しく包み込むような浅黄の色打掛です。多彩な刺繍を駆使し、色どり豊かに仕上げました。金彩きらめく毬を彩る四季花は濃淡をつけた色糸の平刺繍で息を吹き込み、ふっくらとぬくもりのある相良刺繍で華やぎを添えました。刺繍の贅が織りなす調べにのせて、心はずむ柄行きは、花嫁様を若々しく可憐に演出します。