黒曜紋付羽織袴

こくようもんつきはおりはかま

季節に関係なく男性の第一礼装としてお召しいただける、黒羽二重地の紋付です。日向五つ紋を白く染め抜いた長着に縞柄の袴を合わせ、同じく染め抜き日向五つ紋の入った羽織をはおる姿が最も格が高いとされています。貫禄のある立派ないでたちが晴れの日にふさわしい逸品です。