手刺繍 風雅花鼓

てししゅう ふうがはなつづみ

花嫁様の高鳴る喜びを優雅な古典文様の花鼓で表現し、花嫁道具の毬に託した白無垢です。熟練職人ならではの技術が光るなめらかで艶のある緞子には、手刺繍のなかでも秀でた繊細さと上品な光沢が特徴の平刺繍、撚糸で一針ずつ生地の表面で玉結びを作り、粒の大きさを揃えて縫い上げる相良刺繍を絶妙なバランスで配し、奥行きをつけました。四季折々の草花をあしらった花鼓と花毬の競演は、喜びと幸せに満ちた花嫁様の門出を祝うにふさわしい着姿です。